空堀は長屋や路地、お稲荷さんが数多く残されており、
歴史ある大阪の暮らしを現在に色濃く残しています。
L'eclaireは大正時代に建てられた古い長屋を再生して造りました。

家庭の食卓にもう一度やさしい灯を照らしたい。

「L'eclaire」とはフランス語で「照らす」を意味します。
飲食店を経営していく上で、私が守っていきたい思いがあります。
それは、家族で囲む食卓の大切さです。
食事のマナーや食材の知識、食べ物を粗末にしないなど、当たり前の事を学ぶ場所であり、
家族のコミュニケーションの場でもあります。

飲食店の数が増え続け、加工食品の技術が発達してきた今では家でお父さん、
お母さんの手料理を食べる機会は減ってきています。
「L'eclaire」の料理、サービスから家庭の食卓の大切さを少しずつでも伝えていければと思います。